Like a BOSS ろくでもない、素晴らしい世界を生きる術

人生がより豊なものになるために挑戦していくさま

モテる男として生きる。好かれたいよりも、嫌われたくない

こんにちは、リトです。

昨晩の事ですが、仕事関係の付き合いで取引先の社長の息子さんに誘われてご飯を食べにいきました。以前から仲良くして頂いており、出張で泊まる日はだいたい飲みにいっている間柄なんですが、彼からこんな相談を受けました。

彼「俺もう30歳過ぎたし、そろそろ所帯を持って落ち着きたいんだよね。」

私「良い相手はいるんですか?」

彼「彼女いなくて、婚活パーティーに参加して相手を探しているのですが、なかなか進展しなくて・・・・」

彼の話を聞きますと、現在彼女がおらず結婚相手を探しにちょくちょく婚活パーティーに参加しているが、相手との連絡先を交換するもののその後デートに進展しないという事でした。また、彼は今まで一人の女性しか付き合った事が無いらしくどうしたら良いかアドバイスが欲しいというのです。

アドバイスと言われてもなぁ。私自身、結婚をしているとは言っても過去に付き合った人数や経験人数が人より多いという訳でもないし、アドバイスなんて偉そうに言えたもんじゃないんですと気が引けたのですが、彼がかなり悩んでいるようでしたので、20代の頃の記憶を辿りながら、自分なりにアドバイスをしてきました。

今日はそんな内容を書いていきたいと思います。

 

まずは、初対面で恋愛対象から外れない事!

初めにお話しておきたい事ですが、男性は相手の容姿で恋愛対象となるか、ならないかを決める基準にしている為に、少しでもカワイイとか、自分の好みの要素があると好きになると言われ、比較的恋愛対象ゾーンが広いのに対して、女性は容姿で判断する要素が少なく、男性に比べて恋愛対象が狭い人が多いと言われております。

つまり、男は一目ぼれをするが、女性は一目ぼれはほとんどしないと言うことなんです。

まぁ、余程のイケメンは例外となりますが。

女性が初対面の男性にあった時の印象は以下のようになります。

①また会いたい男性

②よくわからないが、もう一度会ってもよい男性

③二度と会いたくない男性(生理的に無理)

女性は時間をかけて好きになっていくので、初対面から①のポジションに行くことは普通の男性には至難の業と言えるので、男性が初対面の時に意識するのはなんとしても③のポジジョンにならないようにするかなんです。

もう二度と会いたくない男性と思われない為には

実はそんなに難しい事ではないと思います。

だって、初対面の短い時間でマイナスの要素を積み上げて嫌われるのって意外と難しくないですか?

初対面時は清潔感を出すことと、話し方に気をつけるという2点だけ注意して下さい。

まず、身だしなみですが、よれよれの服を着ていたり、ボサボサの髪や鼻毛がでている男性を好きになる女性なんてまずいません。

ここは最低限意識しなければダメです。

次に話し方ですが、ついつい自分を良く見せようと思って、自分の事や自慢話ばかりをしてしまう人がいますが、これはダメです。僕が相談を受けている彼がそのタイプでしたので、彼にはこうアドバイスしました。

「相手に8割しゃべらせて自分は2割共感するくらいがいい」

「聞き上手になるんじゃなくて、話させ上手になるといい」

ちょっと偉そうですね。相手に質問を投げかけて、その回答を更に深堀りして質問をするといったようにすると結構スムーズに会話が弾むと思います。

ちなみに、嫌われない為に必要な事では無いですが、私の場合は合コンなどで複数の女性と知り合う時は必ず、ジャニーズ系とエグザイル系どっちのほうが好きかは聞いてましたね。理由は簡単で、先ほど女性はあまり容姿で判断しないとは言ったものの、私自身が身長が低く、かなり童顔なので、エグザイル系が好きな女性よりもジャニーズ系を好きな女性の方が②に残る可能性が高いと思っていたからです。

これだけ守れれば、とりあえず女性の恋愛対象には残れる可能性が高いと思います。

 

とまぁ、こんな感じのアドバイスをしまして、女性と連絡をとれるようになったら、次回また飲みに行こうとなりました。

 

このブログで次の展開が書ける事があるといいな。