Like a BOSS ろくでもない、素晴らしい世界を生きる術

人生がより豊なものになるために挑戦していくさま

仕事の攻略法は失敗する事で生まれる

昨日会社の部下とランチしたときの話です。

 

普段はあまり愚痴を言わない彼が珍しく愚痴を口にしました。

彼「会社は新しい事やれとか、時代の変化を捉えて柔軟に対応しろとか言うじゃないですか。意味は分かりますけど、抽象的ですし、具体的には?と言えば自分の頭を使えって言われるし、どうしたらいいんですか?正直しんどいです」

私「どうした?何か行き詰まってるの?」

彼「新規顧客が作れないんです。全く相手にされないんです、やり方が悪いんですかね」

私「新規開拓か、それは簡単では無いな実際どんな感じか教えてよ」

 

ウチの会社ではよく外部団体主催の営業力強化セミナーとか、新規開拓営業の方法的なセミナーを受ける事があります。

そして夏頃会社が研修として彼に新規開拓営業セミナーを受講させたのです。

彼はそのセミナーで学んだ事を実践したみたいですが結果がついてこない為に落胆してました。

彼は私に「講師の先生の言ってることは分かりますけど、当たり前の事を言っているだけと言うか、型にはめているというか、そんな簡単に新規顧客作れたら苦労しませんよね。」

 

これを聞いて私は彼にこんな話をしました。

 

私は、仕事はゲームだと思ってる。

だからこそ、ゲームと一緒で仕事にも、必ずクリアする為の攻略法が存在する。

しかし、それは教えられたものをただ実践しているだけではダメなんです。

例えば、誰もが一度はやった事があるであろう「スーパーマリオブラザーズ」で言うと、知らない内にクリアできるようになっていますよね。それは兄弟や友達といった周りの人間のプレイをみて覚え、その方法を模倣する事によってクリアしている場合が多いと思います。

ただ、私達が生きているこの世界はTVゲームでもないし、個人の能力やステージの難易度も一人一人違います。

もちろん、成功者や講師の先生の意見やその手法を参考にする事はいい事です。

しかし、結局は自分の失敗から学んで、その学びを活かし自分流の攻略法を生み出すしかない。

マリオで言うなら、何回も行うことによって最善のルートやタイミングが見えてくるんです

 

今は成果に繋がらず、無駄な事みたいで嫌になっていて、これ以上失敗したくないと思っているんじゃない?

大抵の人は失敗する、相手にされないといった自分を否定される事柄に萎縮し恐怖を覚え、結果途中で挑戦をあきらめる。

 

大丈夫!このゲームは失敗しても死なないから

 

その恐怖を乗り越えて失敗してみたらいい

 

Appleの創設者スティーブ・ジョブズの言葉で

「点と点は、先を見ながらは繋げない。過去を振り返ることで繋げるものだ。だからその点と点が将来繋がると、信じなければならない。自分の勇気でも、運命でも、人生でも、カルマでも、何かを信じなければならない。この方法で失敗したことはない。この方法は私の人生を変えてくれた。」 というものがある

やってしまった失敗も振り返ると自分の歩んできた道となっているものだ

みんなが怖がってやらない事ほど勝率は高い

みんなが怖がってやらないゲームなら参加するだけで優勝だよ

 

彼「俺ゲームとか全くやらないんですよね...」

でも言いたい事は伝わったみたいです。