Like a BOSS ろくでもない、素晴らしい世界を生きる術

人生がより豊なものになるために挑戦していくさま

自分の顔に責任持てますか?

f:id:littlep1607:20200106155924j:image

「40歳を過ぎた人間は自分の顔に責任を持たなくてはならない」

これは第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーンの言葉です。

彼が大統領時代に閣僚を選んでいる時、ある人物が非常に有能であると推薦されたのですが、その人と会ったリンカーンは採用しませんでした。

推薦人が採用しなかった理由を質問した時のリンカーンの答えが、「顔が悪すぎる、40歳を過ぎた人間は自分の顔に責任を持たなくてはならない」と言ったそうです。

これは、決して人を見かけで判断している訳ではないんです。

人間40年も生きてくるとその人の考えや品性、といった内面的な部分やそれまでの人生の生き方が積み重なって顔にでてくるそうです。

思いやりのある人はみるからに優しい顔をしていますし、普段から怒ってばかりの人は仏頂面だったりします。

もちろん、顔だけでなく体型にも普段の生活が現れますがビジネスシーンにおいての初対面の印象付けは顔による影響の方が大きいでしょう。

したがって外見=生き様と言えます。

今一度鏡の前で自分の顔を見てください。

どうですか、その顔に責任持てますか?

もし、持てないかもと思った人がいても大丈夫、安心して下さい!

歳をとってからでも自分の心持ちで顔つきを変えることはできます。

私の父親も昔は少し怖さのある顔でしたが、隠居して、孫の面倒見ていると優しい面持ちになりました。

あとはセルフチェックと肌ケアを毎日する事です。

肌ケアに無頓着な中年男性は非常に多いと思います。実際私もその1人で、横着してオールインワンの化粧品を使っています。

 

 

それで充分なのかと言う話は置いておいて。

 

結論

人間いくつになっても自分磨きを辞めるなと言う事です。

今の時代リーダーの年齢層はどんどん若返ってますので、40歳からと言わずに今日からです。

もちろん内面も外面も両方です。

 

自分の事好きだと、胸をはって言える外見を手に入れよう!と言うお話でした。