Like a BOSS ろくでもない、素晴らしい世界を生きる術

人生がより豊なものになるために挑戦していくさま

貯金も大事だけれど、徳を積むのも大事。島田紳介さんに学ぶイライラ解消法

こんにちは、リトです。

最近話題になった島田紳介さんの話で凄く好きなものがあるので紹介します。

これは昔日本テレビ系列で放送されていた松本紳助という番組で披露された話です。

番組の中で紳助さんは電車の中で携帯電話で会話しているおっさんにイライラしたら駄目といっています。

なぜかというと

その人は人間が1回目だからだというのです。

ん?どういう事?ってなりますよね。

紳助さんが言うには

私達人間はは死んでから49日間かけて裁判をされ、徳を積んで人だけが来世また人間になれるというのです。

例えば、自分と同じ年齢なのにもの凄い人っていますよね?

同じ授業を同じ時間受けているのに成績に差が出るのは、その人が前にも人間をしてるからで、

例え身近にいなくても、政治家とかスポーツ選手とか、これほんとに同年代?って思う人いますよね?

そういう人は何回も人間に生まれ変わっている先輩なんです。

一回の人生で辿り着ける境地なんてたかが知れているので、徳を積んで人間を繰り返す事によってより豊かな人生が送れるようになる。

だから、マナーの悪い人を見かけても

あ、この人1回目だな

そう思いましょう。

そう思えば、イライラもしませんし、
優しく注意してあげればいいんです。

人に優しくする事で今の人生でも徳を積んでまた来世人間になれるみたいです。

また、「あの世のトリセツ」という書籍では

人生を生きるのには魂を成長させるという意味があるそうで

私達は魂を成長させる為に何度も生まれ変わっているといっています。

自分の生まれる年や場所、親なども自分で決めているらしい。

そう考えると、不遇な環境に産まれる事にも何か意味があるのかもしれません。

自分の魂を成長させる為に何度も人生を繰り返すなんて

めちゃくちゃ壮大な計画すぎて笑えるし、いい感じに肩の力が抜けますよね。

この話ほんと好きなんです。

ちなみに紳助さん風に言うと何十回、もしかしたら何百回も人間をやってきた魂の生まれ変わりはそれこそ救世主みたいな人となるそうです。

松本紳助の動画はYoutubeにありますので、気になった方は是非見てみて下さい。